活動予定と報告の記事一覧

shibata.jpg

同友の皆様、いつもありがとうございます。
先日の3月例会は倉本初夫主幹をお迎えしDVDを観ながら商業界創始者故倉本長治主幹の人物像・商業界運動の基礎となった思想哲学を学びました。
今回は下中ノボル先生をお迎えし『商売十訓』をこの混迷の時代にどの様に活かすのかを学び、改めて倉本主幹が主張し続けた商業界精神を再確認します。
つづきまして通常総会を開き前年度の事業報告・決算報告・役員改選・事業計画案・予算案等を審議いただきます。
新年度最初の例会です。気持ちも新たに一緒に学びましょう。
万障繰り合わせ御出席願います。


◆下中 ノボル氏 プロフィール◆

福井県名田庄生まれ。
「商業界」の常連執筆者、中小企業診断士、福井商工会議所経営アドバイザー、商工会連合会、商業界同友会などの主催のセミナー講師等、活動範囲は全国。

日時 平成23年4月19日(木)
17:00 受付開始
17:30 例会
19:30 総会
20:00 食事
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

17:00 受付開始
17:30 商売十訓唱和・会長挨拶・事務連絡
18:00 下中ノボル氏 講演
19:30 2012年度総会
20:00 食事
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:4月14日(土)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:
 出席します( 例会 ・ 総会 )
 欠席します
オブザーバー出席者:       

委 任 状

私、            (印)は、2012年4月19日の総会に議決に関し、
異議申し立てをせず、委任いたします。

倉本初夫主幹

同友の皆様、いつもありがとうございます。
3月例会の案内をさせていただきます。今回は倉本初夫主幹をお招きし、主幹が先月の本ゼミに合わされて制作されましたDVD『店は客のためにある―回想の倉本長治』を観賞し解説していただきます。
『商業界』の創始者倉本長治という人物はいかなる人間だったのか。長治主幹の人物像、思想、哲学をストーリーのある物語にし長治主幹を直接知らない世代の我々にも解り易い内容になっています。
今年度最後の例会で我々が学んでいる『商業界』の原点を皆さんと一緒に再確認したいと思います。 万障繰り合わせ御出席願います。



12月、1月に皆様からお預かりしました東日本大震災で被災されました同友への義援金は1月30日に20000円、2月15日に20000円(株)商業界に送金しました。本当にありがとうございます。支援活動はこれからも続けていきます
《東日本大震災義援金受付継続中》
北國銀行 鶴来支店 (普)405043 商業界石川県同友会義援金

同友の皆様の御協力、宜しくお願いします。


日時 平成24年3月15日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員スピーチ 川きみよ氏
19:00 倉本初夫主幹 講演
20:20 食事・質疑応答
21:00 例会終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:3月10日(土)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:
 出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
倉本初夫氏

倉本初夫氏

同友の皆様、いつもありがとうございます。
2011年は3月11日の東日本大震災によって被災地東北は勿論ですが、日本に暮らす我々がこれまで疑問にも感じず極普通にやってきた事が当たり前でなくなるという『価値観』までも変えてしまう正に激動の年でした。
そのような『価値観』の変化の中で今後我々商業に携わっていく者の進む道を明確にしなくてはなりません。
1月例会はいつものように倉本初夫主幹をお招きし激変した環境の中でも忘れてはいけない「商いの心」を学びます。
また、今回は全国連合同友会の高岡眞佐雄事務局長も来られます。各地の同友会の活動のお話等をお伺いし今後の石川県同友会の活動に活かせればと思います。
一泊二日の新年会。夜を徹して語り合いましょう。
皆様お誘いあわせ御出席ください。



11月に皆様からお預かりしました東日本大震災で被災されました同友への義援金27874円は12月14日に(株)商業界に送金しました。本当にありがとうございます。支援活動はこれからも続けていきます。
《東日本大震災義援金受付継続中》
北國銀行 鶴来支店 (普)405043 商業界石川県同友会義援金

同友の皆様の御協力、宜しくお願いします。


 

日時 平成24年1月19日(木)
15:30 受付開始
16:00 開始
場所 粟津温泉『のとや』
石川県小松市粟津町ワ85地図
TEL 0761-65-1711
FAX 0761-65-2234
http://www.notoya.co.jp/
会費 会費(1泊2食)    10,000円 (12,000円)
宿泊なし(懇親会まで)  9,000円 (11,000円)
講演会のみ           無料 (2,000円)
※( )内はオブザーバーの金額です。

◆スケジュール◆

15:30 受付開始
16:00 例会開始・商売十訓唱和・副会長挨拶・事務報告(本ゼミ案内)・会員スピーチ(安原会員)
16:30 倉本初夫主幹 講義: 『商いの心』
18:00 休憩(入浴)時間
19:00 新年懇親会
21:00 終了

翌日

08:00 朝食                                        
09:00 解散

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:1月14日(土)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
山田文美先生

同友の皆様、いつもありがとうございます。
11月例会は山田文美先生をお迎えして「大型店からお客を取り戻す3つのしかけ」と題して御講演いただきます。
「商売人が地域を支えている」を信条に大型店だけが全てでない、小さなお店でも大型店に負けない、大型店と共存できる商いを学びたいと思います。
是非、社員さん、御友人、お誘いあわせ御出席下さい。

◆山田 文美 氏プロフィール◆
人口6700人の過疎地で小売店を成功させた経験を持ち、自らが苦労した経験は地域の人々に役立つ存在となり地域で生きる喜びに変わった。「小売店こそ地域の生活を支える柱」だとの思いから同じような境遇の中で商売をしている経営者にコンサルティングを開始。全国の店舗経営者が生き残る事ができるように全国の田舎を飛び回り活動している。



6月・7月に皆様からお預かりしました東日本大震災で被災されました同友への義援金20000円と27981円は8月8日と9月2日に(株)商業界に送金しました。本当にありがとうございます。支援活動はこれからも続けていきます。
《東日本大震災義援金受付継続中》
北國銀行 鶴来支店 (普)405043 商業界石川県同友会義援金

同友の皆様の御協力、宜しくお願いします。


日時 平成23年11月17日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料(オブザーバー:2,000円)
テキスト代別途 1,470円(「大型店からお客を取り戻す3つのしかけ」同文館出版)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員スピーチ 大森氏
19:00 山田文美氏 講演
20:20 食事・質疑応答
21:00 例会終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:11月12日(土)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:
 出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
加藤洋一先生

同友の皆様、いつもありがとうございます。
10月例会を加藤洋一先生をお招きして「高売れキャッチコピーをスラスラ書く」をテーマに下記の通り開きます。
加藤先生は「安売りは、大手量販店にやらせておけばいいのです。安易に安売りをしないでください。」と仰っています。その方法とは・・・・「価値を最大化して販売する方法=利益を取る方法」です。そして、それを実現するのが「高売れキャッチコピー」です。

たとえば、
・カット代がライバル店の133%高くても売れている美容室
・チェーン店より1.6倍も高いが、いつも売れ切れになるピザ屋
・定価で売れている眼鏡小売店
・市場価格より2倍高くても、見積依頼が絶えない業務用カッター

じゃあ、「高売れキャッチコピー」をどのように作るのか・・・・みんなで学びましょう。

◆加藤 洋一 氏プロフィール◆
中小企業の販売・営業面から業績を上げる若手コンサルタント。
サラリーマン時代、法人向けセールスを8年間担当。トップセールスマンとしての経験を持つ。
1990年に独立。ホームページ制作会社を経営し、業界でも圧倒的な収益体制の会社に。その後コンサルタントとなり、より多方面の営業支援をしている。
企業の潜在的な強みを掘り起こし、その1点に絞り込んだセールス文章を書くことを得意としている。これらをまとめた「USPマーケティング」と呼ばれる手法を日本で初めて刊行する。取り扱うツールのジャンルは幅広く、ホームページ、チラシ、DM、動画など。現在までにアドバイスしたクライアントの数は100を超え、規模・業種問わず、多くの中小企業の売上アップを成功させている。



6月・7月に皆様からお預かりしました東日本大震災で被災されました同友への義援金20000円と27981円は8月8日と9月2日に(株)商業界に送金しました。本当にありがとうございます。支援活動はこれからも続けていきます。
《東日本大震災義援金受付継続中》
北國銀行 鶴来支店 (普)405043 商業界石川県同友会義援金

同友の皆様の御協力、宜しくお願いします。


日時 平成23年10月20日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料(オブザーバー:3,470円)
テキスト代別途 1470円(「高売れキャッチコピー」がスラスラ書ける本)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員スピーチ 竹田将文氏
19:00 加藤洋一氏 講演
20:10 食事・質疑応答
21:00 例会終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:10月15日(土)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:
 出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
北村 真法氏

北村 真法氏

新道 慶治氏

新道 慶治氏

島田 千賀子氏

島田 千賀子氏

同友の皆様、いつもありがとうございます。
2月22日の本ゼミ前に行われましたチューター会総会で我らが村上副会長が新チューターに選ばれました。これは11月例会にお越し下さいました森山全国連合同友会長の「若い熱心な同友を抜擢したい」というお言葉に梶谷相談役と私、山下が推薦人となり承認されたものです。

さて、今月の例会は3月に予定していた内容を改めて開催いたします。

島田会員・新道会員・北村会員をパネラーに
・自己紹介を兼ねた自身の仕事
・商業界との出会い
・商売十訓をどの様に考え活かしているか?
・将来の夢
等、「商業界で学んだ事」をそれぞれ語っていただきます。

皆様お誘い合わせ御出席ください。


《東日本大震災義援金受付継続中》

北國銀行 鶴来支店 (普)405043 商業界石川県同友会義援金

日時 平成22年5月19日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員発表
きたむら農園
   代表  北村 真法
新道社会保険労務士行政書士事務所
   代表   新道 慶治
(株)アルテシマダ
   代表取締役  島田 千賀子
20:00頃- 食事・質疑応答
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:5月16日(月)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
shibata.jpg

東北地方太平洋地震で被災されました皆様に心からお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈りします。

先月の3月例会を急遽、被災地への支援物資搬送作業に変更しましたところ同友の皆様の御理解御協力で準備もスムーズに進み翌日にはトラックが出発する事が出来ました。心より御礼申し上げます。
さて、新年度を迎え下記のとおり総会・例会の御案内をさせていただきます。
先ず『江戸しぐさに学ぶ商業経営江戸の心「思いやりのしぐさ」で人を育てる』というテーマで柴田光栄先生から相手を尊重して思いやる心・・・『江戸しぐさ』を御講演頂きます。
続いて総会です。前年度の事業・決算報告、今年度の事業計画案・予算案・その他を審議頂きます。
終了後、懇親会を開き柴田先生を囲み皆で親睦を深めたいと存じます。
オブザーバー大歓迎。皆様、お誘い合わせ御出席願います。


◆講師プロフィール◆

柴田光栄 氏
1990年(株)モアクリエーション設立。「わが社の人間力を高めてほしい」という要望によって全社的意識改革の共育型支援を行っている。日本人の精神の原点=商人道と信頼社会をつくり商売繁盛の秘訣を『江戸しぐさ』で学び全国で講演活動をしている。

日時 平成23年4月21日(木)
16:00 受付開始
16:30 例会
18:30 総会
19:00 懇親会
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料(オブザーバー今回は無料)
懇親会費 5,000円(オブザーバー共)

◆スケジュール◆

16:00 受付開始
16:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
16:40 柴田光栄氏 講演
18:10 質疑応答
18:20 例会終了
18:30 2011年度総会
19:00 懇親会
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:4月15日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:
 出席します( 例会 ・ 総会 ・ 懇親会 )
 欠席します
オブザーバー出席者:       

委 任 状

私、            (印)は、2011年4月21日の総会に議決に関し、
異議申し立てをせず、委任いたします。

梶谷エルダー

故・梶谷忠司氏

同友の皆様。いつもありがとうございます。
1月例会を下記のとおり御案内させていただきます。
今回は11月30日に97歳の天寿を全うされました梶谷エルダー追悼例会とさせていただきます。
26年前に放送された『モーニングショー「宮尾すすむの ああ日本の社長」』を観賞し倉本初夫主幹・群馬県連合同友会会長 森島和宏氏・喜多計世会員からエルダーの思い出を語っていただき、商業界で学ぶ者として梶谷エルダーの想いを改めて学び継承していきたいと思います。
追悼例会と言っても暗くならず明るい例会にします。梶谷エルダーを直接御存知でない若い同友の皆様もどうぞ御出席ください。

日時

平成22年1月20日(木)
15:30 受付開始
16:00 開始
場所

ゆのくに天祥
石川県加賀市山代温泉19-49-1地図
TEL 0761-77-1234
FAX 0761-77-1260
http://tensyo.yunokuni.jp/

会費 会費〈1泊2食〉
 10,000円 (13,000円)


会費〈食事まで〉
 10,000円 (13,000円)

会費〈食事なし〉
 無料 (無料)

※( )内はオブザーバーの金額。

◆スケジュール◆

15:30 受付開始
16:00 商売十訓唱和・会長挨拶・事務局からの報告
16:10 倉本主幹から梶谷エルダーの話を絡めて商業界の歴史
16:40 25年前のビデオ
「宮尾すすむのああ日本の社長」観賞
17:00 「梶谷エルダーの思い出」
群馬県連合同友会会長 森島和宏氏
喜多計世会員
18:00 休憩(入浴)時間
19:00 新年懇親会
21:00 終了

翌日

 7:30 朝食
 9:00 「小規模商店の活性化について」 講師:倉本主幹
10:00 終了
※オプション九谷満月さんでの「ろくろ体験」
 自分だけのオンリー碗を作ろう!!
※費用は実費になります
 600円?4,500円+送料1,000円

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:1月13日(木)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
オプション 九谷満月さんでの「ろくろ体験」 出席します ・ 欠席します
森山園森山浩吉

同友の皆様、いつもありがとうございます。
9月の北陸ゼミを終え先月は慰労会開きみんなでゼミを振り返り楽しい時間を過ごしました。本当にお疲れ様でした。

11月例会は島根県松江市から(有)森山園森山浩吉社長をお迎えし『超低価格時代の活路?顧客満足に今こそロマンと覚悟を持て』をテーマにお話頂きます。

同友会の本分は例会の充実です。ゼミに区切りを付け今月からはいつもの例会です。こつこつと地味にかもしれませんがみんなで学んでいきたいと思います。是非、御友人をお誘い御出席ください。


◆講師プロフィール◆
1942年松江市のお茶屋の次男として生まれる。
父の背中と母の「商売は良い時もあれば悪い時もあるのが世の常。
しかし、商売はやればやるだけ報われる」という言葉を胸に邁進。
現在、商業界エルダー。全国連合同友会会長。

日時 平成21年11月18日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 会長挨拶・商売十訓唱和・事務局からの報告・輪読・北陸ゼミアンケート結果報告
18:40 会員スピーチ
19:00 「超低価格時代の活路?顧客満足に今こそロマンと覚悟を持て」
講師:森山 浩吉氏
20:20 食事をとりながら質疑応答・懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:11月14日(木)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
第36回商業界北陸ゼミナール石川大会

同友の皆様、いつもありがとうございます。
先月の北陸ゼミ。皆様のお陰で無事終了する事が出来ました。本当にありがとうございます。

さて、10月例会は皆様の御協力に感謝して『北陸ゼミ慰労会』とします。
執行部ゼミの事業決算報告をさせて頂き、後は皆様と美味しい料理とお酒を頂きながらゼミを振り返り語り合いたいと思います。ゼミ当日、参加出来なかった方も遠慮なく御出席下さい。

今回、集客副委員長として大活躍下さった池端めぐみさんも3年前初めて北陸ゼミに出席し翌月の打ち上げに参加し我々の仲間になって下さったのです。
是非、ゼミに出席して下さった御友人の方々も是非お誘いください。ゼミを振り返ると色々な思いが込み上げてきます。皆さんで楽しい時間にしましょう。万障繰り合わせ御出席願います。


日時 平成21年10月21日(木)
18:30 受付開始
19:00 開始
場所 プレミナンス
金沢市北安江4-8-31地図
TEL 076-234-7701
http://norio.sub.jp/norio/fra_new.html
会費 会員:無料
華の集い会員:無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:30 受付開始
19:00 会長挨拶
商業界北陸ゼミ決算報告
19:20 打ち上げパーティー
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:10月14日(木)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
商業界北陸ゼミナール

同友の皆様、いつもありがとうございます。
我々石川県同友会にとって3年に一度の最大のイベント『北陸ゼミ石川大会』まで1ヶ月あまりとなりました。
皆様の集客活動をはじめとする御準備等の御協力、心より御礼申し上げます。


さて、8月例会はゼミ直前例会ということで「決起大会」とさせていただきます。
各担当役員から進捗状況の説明や各自の役割分担の依頼等の発表。あと全員がゼミ成功に向けての決意表明をいただき心を一つにしたいと存じます。
お忙しい中御参加下さる御受講生の皆様に満足していただく為、活気ある同友会活動をする為、自分自身が商業界で学ぶ商人として成長する為・・・・実のある決起大会にしましょう。
御協力いただけるオブザーバーの皆さんをお誘い合わせ御出席ください。


日時 平成21年8月19日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 懇親会会費 会員:2,000円
(オブザーバー:5,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 モチベーションビデオ上映
18:35 商売十訓唱和・会長挨拶
集客委員長挨拶
19:00 懇親会・華の集い会長挨拶
21:00 ゼミ成功へ向けて決意表明
終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:8月12日(木)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
栗原一博氏

同友の皆様、いつもありがとうございます。
6月17日(木)に行われました6月例会もたくさんのオブザーバーの方々の御出席を頂き総勢40名の例会となりました。
7月例会は下記のとおり、埼玉県同友会会長、全国連合同友会副会長の(株)ダスキンくりはら栗原一博さんを講師にお招きし「ダスキンの経営理念」と題して喜びの種蒔きを実践されている生のお話を頂きます。栗原さんは当会の梶谷相談役と並んで全国同友会を引っ張ってくださっているリーダーです。
また、今回から新入会員やオブザーバーの方々の紹介の時間をこれまで以上に創り交流を深めます。是非、多くの御友人をお誘いください。


◆講師プロフィール◆
株式会社 ダスキンくりはら 代表取締役社長 栗原一博氏 (昭和25年7月4日生)
学歴 / 埼玉県立熊谷高等学校、慶應義塾大学経済学部卒
職歴 / 昭和50年4月、株式会社ダスキンくりはら入社。
      昭和60年6月、専務取締役。
      平成 6年6月、代表取締役就任。

「店は客の為にある」という言葉に象徴される「商業界精神」を基本に、商業、サービス業の近代化を志して経営に取り組んできました。いまは「客の為」とは何か、真剣に悩んでいます。現在、商業界埼玉県同友会会長、商業界全国連合同友会副会長、商業界チューター会会長。ダスキングループにおいては、全国加盟店会の専務理事、ミスタードーナツ共同体理事等を歴任、現在はダスキンフランチャイズチェーン全国加盟店会理事長としてチェーン全体の運営に関わっています。
趣味 / 渓流釣り 音楽鑑賞 関連してオーディオ等

日時 平成21年7月15日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 会長挨拶・商売十訓唱和・事務局からの報告・輪読
18:42 会員スピーチ 西野 裕一
19:00 「ダスキンの経営理念」
講師:栗原 一博氏
20:55 質疑応答
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:7月9日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
下中 ノボル氏

「同友の皆様、いつもありがとうございます。
先月20日に行われました5月例会。タビオ(株)越智会長の熱い講義とオブザーバーを含め50数名の方々の御出席で活気有る充実した学びの多い例会となりました。本当にありがとうございました。
今月は下中ノボル先生をお招きし『売れない時代に売る人・売る店・売れる店 ?時流洞察・時流適応・・・各地の成功事例に学ぼう!?』というテーマで学びます。
売れ行きに暗雲立ちこめた仏事の供物屋からフルーツカフェ出店や60代の女性数人で大繁盛の田舎町のバイキングレストラン等、全国の成功事例満載です。
オブザーバーの方々の御出席大歓迎!!多くの御友人お取引先様をお誘い下さい。
一緒に楽しく学びましょう。


◆講師プロフィール◆
福井県名田庄生まれ。
「商業界」の常連執筆者、中小企業診断士、福井商工会議所経営アドバイザー、商工会連合会、商業界同友会などの主催のセミナー講師等、活動範囲は全国。


日時 平成22年6月17日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員スピーチ 新田哲夫
19:00 下中 ノボル氏 講演
20:20 食事をとりながら質疑応答、懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:6月11日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
越智 直正氏

今回は靴下専門店『靴下屋』を展開されておりますタビオ(株)の越智直正会長に「商人の誠」というテーマで御講演頂きます。
越智会長は商業界1月号で「2010年のキーワードは『商人の誠』だ。商人の誠を通し良心に恥じない商売をすることが、いま強く求められている」「価格についても、良い物を買う人と安い物を買う人がそれぞれ3割づつ。後の4割は時に応じて上に行ったり下に行ったりする。4割の人は今安い方に行っているけど、やがて反転する。だから時代が変わっても商売の姿勢は変えない」と仰っています。越智会長から変わらなくてはならないものと変えてはならないものを学びたいと存じます。
オブザーバー大歓迎!皆様お誘い合わせ御出席ください。


◆講師プロフィール◆
昭和14(1939).6 愛媛県周桑郡周布村(現西条市)生まれ
   30(1955).3 地元、修誠中学卒業
            大阪の靴下問屋「キング靴下鈴鹿商店」に入社
   43(1968).3 同社を退社し、靴下卸業を創業
   52(1977).3 (株)ダンを設立し代表取締役社長に就任
平成20(2008).5 代表取締役会長に就任 現在に至る

日時 平成22年5月20日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員スピーチ 玉木達雄
19:00 越智直正氏 講演
20:20 食事をとりながら質疑応答、懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:5月14日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       

大久保氏&牧尾氏同友の皆様、いつもありがとうございます。
2010年度の総会を下記の通り開催させて頂きます。また、今年は北陸ゼミの担当年です。昨年末から村上実行委員長を中心に企画を練り準備してきました。当日概要を発表し皆様に御協力の依頼をさせて頂きます。

総会に引き続き4月例会は雑誌『致知4月号』の64ページから10ページに亘り成城石井の大久保社長と鹿児島のスーパーAZを経営している牧尾社長の対談「繁盛店をつくる法」を輪読します。対談の中でお二人は新保民八先生の「正しきによりて滅ぶる店あらば滅びてもよし、断じて滅びず」という言葉を心の支えとして小売業の楽しさ・お客様志向の売り場作りの重要性・挨拶の力・・・等を判り易く語られています。この対談を輪読しテーブルディスカッションをして全員で学びたいと思います。

終了後は懇親会です。同友同士、楽しい時間を過ごしたいと思います。お誘い合わせ御出席願います。

日時 平成22年4月15日(木)
15:30 受付開始
16:00 総会
17:00 講演会
19:00 懇親会
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料(オブザーバー今回は無料)
懇親会費 5,000円(オブザーバー共)

◆スケジュール◆

15:30 受付開始
16:00 総会
商売十訓唱和、会長挨拶
2009事業報告と会計報告
2010事業計画及び予算案発表
16:30 例会
16:45
ディスカッション「繁盛店をつくる法」
18:15 第36回商業界北陸ゼミナール概要発表
19:00 懇親会
21:00 閉会

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:4月9日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       

委 任 状

私、            (印)は、2010年4月15日の総会に議決に関し、
異議申し立てをせず、委任いたします。

川本紀男氏

川本紀男氏

才田和宏氏

才田和宏氏

島崎正和氏

島崎正和氏

同友の皆様、いつもありがとうございます。
先月8日から3日間『東京ベイ幕張』で行われました第78回商業界ゼミナール(本ゼミ)。当会相談役の梶谷さんが運営委員長の大役を見事に果たされ、受講満足度の高いゼミとなりました。ありがとうございました。そして、本当にお疲れ様でした。

さて、今月の例会は「私の歩んできた道・これからの道」というタイトルで川本会員・才田会員・島崎会員にご登壇いただき、
?自己紹介を兼ねて現在のお仕事の内容
?商業界との出会い
?日頃の仕事に『商売十訓』をどの様に活かしているか
?将来の夢などを語って頂きます。

今年度はお陰様で毎回約30名(オブザーバーを含む)の方々の御出席を頂き、活気ある例会を開く事ができました。今年度最後の例会です。皆様お誘い合わせご出席お願いします。(当会は4月より新年度です)

日時 平成21年3月18日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員発表
(株)金沢プレミナンス
   代表取締役 川本紀男
(株)ヴァケーション
   常務取締役 才田和宏
(有)エヌ・シー・エス
   代表取締役 島崎正和
20:00頃? 食事・質疑応答
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:3月15日(月)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
倉本初夫氏

倉本初夫氏

山代温泉山下屋

山代温泉 山下屋

?1月新年例会?
同友の皆様、いつもありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
さて、新年例会の案内です。昨年の新年会に引き続き倉本初夫主幹をお迎えし『80年前の大恐慌に学ぶ』と題し御講義頂きます。厳しい情勢が続いてますが故倉本長治主幹の「不況が商人を鍛える」という言葉を胸に一緒に学びたいと思います。

続いて秋に我々が担当する『北陸ゼミ』の概要を執行部から発表します。同友全員で創り上げるゼミの第一歩です。皆様の様々な御意見を頂きスタートを切りたいと考えています。
夜はお待ちかね『新年会』。倉本主幹を囲み美味しい料理とお酒で楽しいひと時を過ごします。
毎年たくさんのオブザーバーの方々が新年例会に御出席くださいました。新年例会にも御友人をお誘い御出席ください。

 

日時 平成22年1月21日(木)
14:30 受付開始
15:00開始
場所 山代温泉 山下家
石川県加賀市山代温泉地図
TEL 0761-77-2222
FAX 0761-77-2224
http://www.ooedoonsen.jp/
shukuhaku/yamashita/index.html
会費 会費(1泊2食)    8,000円 (11,000円)
宿泊なし(懇親会まで)  8,000円 (11,000円)
講演会のみ           無料 (3,000円)
※( )内はオブザーバーの金額です。

◆スケジュール◆

14:30 受付開始
15:00 会長挨拶・商売十訓唱和・輪読
事務局からの各種報告
15:30 講師:倉本主幹
17:00 北陸ゼミ概要発表
18:00 入浴
19:00 新年懇親会
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:1月15日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       

加藤洋一先生同友の皆様いつもありがとうございます。10月例会は参加者から大反響をいただいた佐藤先生に続き、商業界8月号「自店の強みはお客が知っている」シリーズ第2弾として加藤先生に御講演いただきます。
自店のウリを見ることなく安易に価格を下げてしまい、つぶれる寸前になってしまった飲食店が、お客様の声を集めたアンケートの活用により、客単価が4倍に、そしてついには価格競争から抜け出し、オンリーワンのレストランへと成長しています。いったいどんなアンケートなのでしょうか?加藤先生いわく「自店のウリを映し出す魔法の鏡のつくり方」を詳しく御講演いただきます。今月もおおいに学びましょう!
◆講師プロフィール◆
中小企業の販売・営業面から業績を上げる若手コンサルタント。
サラリーマン時代、法人向けセールスを8年間担当。トップセールスマンとしての経験を持つ。
1990年に独立。ホームページ制作会社を経営し、業界でも圧倒的な収益体制の会社に。その後コンサルタントとなり、より多方面の営業支援をしている。
企業の潜在的な強みを掘り起こし、その1点に絞り込んだセールス文章を書くことを得意としている。これらをまとめた「USPマーケティング」と呼ばれる手法を日本で初めて刊行する。取り扱うツールのジャンルは幅広く、ホームページ、チラシ、DM、動画など。現在までにアドバイスしたクライアントの数は100を超え、規模・業種問わず、多くの中小企業の売上アップを成功させている。

日時 平成21年10月15日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
18:40 会員スピーチ 記州 陽子
19:00
加藤 洋一先生 講演
20:20 食事をとりながら質疑応答、懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:10月9日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
笹井清範氏

今回は、商業界編集長笹井清範氏を講師にお迎えし『商業界6月号』をテキストに「事例から学ぶ『超顧客視点発想法』と題してご講演いただきます。6月号(5/1発売)に載っている沢山の事例を、更に深く掘り下げてお話いただけます。
また、今回から講師の講演前の15分間「会員スピーチ」の時間を設けます。今回のスピーカーは喜多ハウジング(株)の喜多計世氏です。大先輩の喜多会員のお話からも商業界商人としての心構えを学びたいと思います。
オブザーバー大歓迎!皆様お誘いあわせご出席ください。


◆講師プロフィール◆
月刊『商業界』編集長 笹井清範(株式会社商業界
1964年9月生まれ、東京都出身。立教大学法学部卒業後、出版社、新聞社を経て、91年?商業界入社。
商業界編集部員を振り出しに商業界編集長、販売部長、総務人事部長から再び商業界編集長に就任。年間取材件数は100件超。商業界精神「店は客のためにあり、店員とともに栄える」の伝道を使命とする。

日時 平成21年5月21日(木)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)
テキスト別途1,190円(商業界6月号)
当日受付でご購入いただきます

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 商売十訓唱和・会長挨拶・輪読
「同質性という欠陥」
18:40 会員スピーチ 喜多計世
19:00 笹井清範氏 講演
20:20 食事をとりながら質疑応答、懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:5月15日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
下中ノボル氏

内容

2009年度総会を開催させていただきます。
前年度の事業決算報告、今年度の事業計画案予算案、任期満了に伴う役員改選、その他を審議いただきます。

また、総会終了後の講師例会として福井の下中ノボル先生をお招きして「あなたのお店の事をお客様がどう思っているか解ってますか?」と題してご講演いただきます。
例会終了後には懇親会も予定しております。今年度の石川県同友会を語り合いましょう。
皆様、万障繰り合わせの上、ご出席願います。


講師略歴

福井県名田庄生まれ。
「商業界」の常連執筆者、中小企業診断士、福井商工会議所経営アドバイザー、商工会連合会、商業界同友会などの主催のセミナー講師等、活動範囲は全国。


日時 平成21年4月24日(金)
15:30 受付開始
16:00 総会
17:00 講演会
19:00 懇親会
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料(オブザーバー今回は無料)
懇親会費 5,000円(オブザーバー共)

◆スケジュール◆

15:30 受付開始
16:00 総会
商売十訓唱和、会長挨拶
2008事業報告と会計報告
2009事業計画及び予算案発表
16:30 例会 事務局からの報告・輪読
17:00 講演:(株)シモナカ インターナショナル
代表取締役 下中ノボル氏
18:30 質疑応答
19:00 懇親会
21:00 閉会

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:4月17日(金)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       

委 任 状

私、            (印)は、2009年4月24日の総会に議決に関し、
異議申し立てをせず、委任いたします。

宮谷隆之氏

去る2月17日(火)?19日(木)に「熱海後楽園ホテル」で商業界本ゼミが行われました。厳しい経済状況にも関わらず全国から800名の同友が集い、昼は講師の講演を聞き、夜は車座で同友と語り合ってきました。やはり、本ゼミは地方ゼミでは味わえない熱いものがあります。
さて、今年度最後の例会は講師に片町でオーダーシャツ製造販売を営んでいる(株)金港堂の宮谷隆之社長をお迎えいたします。昨年の月刊誌商業界10月号に「ネット通販月商100万壁突破法」という特集に金港堂さんも登場していました。
顧客一人一人違うサイズのシャツをネットでオーダーを取る・・・
オーダーシャツというもののイメージから考えると最もネット通販し難い商いだ思います。
なぜ、成功しているのか?最も苦労するところは?などをお話いただく予定です。厳しさを増す今、商いの仕方を考え直さないといけない我々にとって、大きなヒントを得られると思います。多くの参加をお待ちしています。


日時 平成21年3月24日(火)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 会長挨拶・商売十訓唱和・事務局からの報告・輪読
18:45 講演:(株)金港堂 社長 宮谷隆之氏
20:15 食事をとりながら質疑応答、懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:3月17日(火)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
山下浩希会長

山下浩希

?1月新年例会?
新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。
昨年秋のアメリカ・リーマンブラザーズの破綻をきっかけに世界中に寒波が吹き荒れ、日本でも「100年に1度の不況」と連日テレビでは派遣先から契約を切られた方々の惨状が放送され、見ている我々も気が重くなってきます。
「気が重くなってきます」と書きましたが、気は持ち様です。故倉本長治主幹は著書で『不況が商人を鍛える』と書かれています。この「100年に1度の不況」を自分を鍛えてくれる試練と受け止め、我々商業界で学ぶ者は自分自身(お店)が更に成長し強くならなくてはいけないと考えます。

倉本初夫氏

倉本初夫氏

旅亭萬葉

辰口温泉 旅亭萬葉

1月例会は倉本初夫主幹をお招きして『商業界2月号』の66ページの倉本主幹の寄稿文「個の時代に生きる?日本商人の重要な使命?」をテキストにディスカッションを行います。(商業界2月号は当日ご用意しますので、お買い求めいただけます)
ディスカッションの後は新年会。美味しい料理とお酒でみんなで楽しく語り合いたいと思います。是非、ご出席ください。

 

会場の旅亭萬葉さんは、加賀百万石の歴史を刻む江戸時代より昔から息づいている、ひっそり佇む大人の旅亭です。
人目に触れず緑豊かな静けさの中、大庭園を眺め、食の贅をゆっくり堪能できる文学的宿。万葉学者、犬養孝先生がこよなく愛した万葉歌碑のある宿でもあります。
旅亭萬葉さんのサービスに触れてみることにも学びがあると思います。


ゼミを通して学びたいことや、新しい一年の抱負を倉本主幹を囲みみんなで楽しく語り合いたいと思っています。

日時 平成21年1月27日(火)
15:00 受付開始
15:30 開始
場所 旅亭萬葉
石川県能美市緑が丘5丁目31番40地図
TEL 0761-51-5111
FAX 0761-51-5114
http://www.ryotei-manyou.jp/
会費 会費(1泊2食)    10,000円 (13,000円)
宿泊なし(懇親会まで)  8,000円 (11,000円)
講演会のみ           無料 (3,000円)
※( )内はオブザーバーの金額です。

◆スケジュール◆

15:00 受付開始
15:30 会長挨拶・商売十訓唱和・輪読
事務局からの各種報告
講師:倉本主幹
17:30 休憩(入浴)時間
19:00 新年懇親会
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:1月21日(水)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
金田晃

第4回のテーマ

「販促で変わるもの・獲得できるもの」


金田先生をお迎えしての「販促業研究会」も今月が最後となります。前回は講演の内容はもとより、食事をとりながらの懇談においても学びの多い例会となりました。参加された方は自社のこと、他社のこと、それぞれいろいろな思いをお持ち帰りになったのではないでしょうか。さあ、いよいよ最終回です。皆勤の方、これまでなかなか参加できなかった方、どしどしご参加ください。商業界はこれからも学び続けます。


◆講師プロフィール◆
販売促進コンサルタント 金田晃氏(エスピーケイ研究所所長
あらゆる流通チャネルの販売促進を専門に幅広く活動。「論より具体策」をモットーに、実効性の高い販促ノウハウを提供し、セミナーや講演(年間120回以上)、月刊商業界への寄稿など著書やビデオ販売などの実績がある。販売促進の中でも、とくにパーソナル販促、手づくり販促に特化したコンサルティングやアドバイスで評価が高い。講演やセミナーでは、落語家とのつきあいで培ったユーモアと話術をいかし、「トク・タメ・タノシ」を実感させる話しぶりで全国にファンが多い。

日時 平成20年11月18日(火)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 会長挨拶・商売十訓唱和・輪読
「商業革命的商人」「正しさについて」
18:45 販促業研究会 講師:金田 晃氏
20:15 食事をとりながら質疑応答、懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:11月13日(木)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
金田晃

第三回のテーマ

「狙いどころをおさえる発想と技術 ? マトとツボとキメ ?」


商業界精神をベースに販売力の強化をテーマに進めてきた販促業(ワザ)研究会という名の例会も3回目です。

初回、2回目に参加された方は先生の分かりやすく、そして妥協を許さない話しぶりと内容に多くの学びを得たことと思います。皆出席の同友の皆様は勿論、今年まだ参加されていない方もお友達を誘って金田ワールドを体感してください。

社員さんと一緒に学ばれると、即実践もやりやすいでしょう。

皆様、お誘いあわせ御出席ください! 

今月より講演の後に食事と懇談の場を設けますので、より一層先生との距離が近づきます。ちょっと和んだ雰囲気の中でどしどし意見交換、また、質問をぶつけてください!


◆講師プロフィール◆
販売促進コンサルタント 金田晃氏(エスピーケイ研究所所長
あらゆる流通チャネルの販売促進を専門に幅広く活動。「論より具体策」をモットーに、実効性の高い販促ノウハウを提供し、セミナーや講演(年間120回以上)、月刊商業界への寄稿など著書やビデオ販売などの実績がある。販売促進の中でも、とくにパーソナル販促、手づくり販促に特化したコンサルティングやアドバイスで評価が高い。講演やセミナーでは、落語家とのつきあいで培ったユーモアと話術をいかし、「トク・タメ・タノシ」を実感させる話しぶりで全国にファンが多い。

日時 平成20年10月21日(火)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 会長挨拶・商売十訓唱和・輪読
「特別で公平なサービス」「「商魂に徹する」
18:45 販促業研究会 講師:金田 晃氏
20:15 食事をとりながら質疑応答、懇談
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:10月16日(木)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
竹下義樹氏

華の集い「ハートセミナー」が開催されます。
14回目を数える今回は、輪島市出身で全盲の弁護士として有名な「つくし法律事務所」の竹下義樹弁護士にご講演いただきます。

同友の皆様から出欠の連絡をいただきやすいように、いつも形でご案内させていただきます。

目前のご案内となりますが、スケジュールを調整の上、是非出席ください。きっと、元気や勇気をいただけると思います。

 【弁護士 竹下義樹】

私は1951年に石川県輪島市で生まれ、14歳で失明しました。その後、高校3年生の時に、小説やテレビに登場する弁護士に憧れ、以後、12年を経て司法試験に合格しました。全盲である私が司法試験に挑戦することも、弁護士として活動することも容易な事ではありませんでした。
しかし、夢はその困難を乗り越えさせてくれますし、仲間は私を支えてくれます。
私は25年間の弁護士活動を通して、多くの人と出会いました。そして、支え合い、影響し合う仲間の輪を広げることが出来ました。これからも夢と仲間が新たな未来を私に与えてくれることでしょう。

◆講師プロフィール◆
昭和26年2月15日 輪島市生まれ/昭和40年(中学3年) 外傷性網膜剥離で失明/
昭和44年 石川県立盲学校卒業(あんま・マッサージ・指圧士修得課程)
昭和46年 京都府立盲学校高等部普通科専攻科卒業・龍谷大学法学部入学
昭和56年 司法試験合格/昭和59年 京都弁護士会に所属 京都法律事務所に入所
平成 6年 5月 独立して竹下法律事務所を開所/平成19年 1月 事務所名を「つくし法律事務所」に変更

【備考】
社団法人京都府視覚障害者協会副会長/社団法人京都市身体障害者団体連合会副会長
社会福祉法人京都ライトハウス副理事長/社会福祉法人日本盲人会連合副会長
元京都弁護士会副会長(平成9年度)

日時 平成20年9月25日(木)
12:30 受付開始
13:00 開始
場所

石川県地場産業振興センター
 新館 コンベンションホール

金沢市鞍月2丁目1番地
TEL 076-268-2010

会費

受講料 2,000円
受付でお支払いください

◆スケジュール◆

12:30 受付開始
13:00 開講式
13:15 竹下義樹氏講演
15:15 閉講式
15:30 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:9月22日(月)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       

8.22-1-1.jpg皆さまいつもお世話になり、ありがとうございます。

九谷満月 池端めぐみです。 

大変遅くなってしまいましたが、8月の家族親睦例会の報告を致します。

 ----------------------------------------

8月22日(金)PM19:00?内灘海岸で商業界石川県同友会の8月家族親睦例会が行われました。

今回、才田さん・大森さん・大崎さん・私池端で実行委員として盛り上げなさい!!…という大役をまかされてしまいましたので(笑)企画させて頂きました。

まずはいつもの例会通りに山本さんの司会に始まり、↑山下会長の会長挨拶で幕を開けました。

bbq1-1.jpg  bbq-6.jpg

参加者は…

(株)山下ミツ商店の山下会長・(株)IBLABの山本事務局長・奥様の文恵さん・娘さんの愛弓ちゃん・息子さんの貴裕くん・美福の村上さん・(株)小林太一印刷所の小林さん・MOTO建築デザインの毛登さん・息子さんの優貴くん・うおせいの大森さん・(株)ヴァケーションの才田さん・(株)日本エージェンシーの大崎さん・(株)IBLABのスタッフ荒井さん・奥畑さん・松川さん・そして九谷満月の池端

の16名でした。(順不同です)  bingo-1.jpg

後半、皆さん一緒にビンゴ大会をしました。

景品も用意させていただいたのですが、喜んでいただけたでしょうか?

1番最初に『ビンゴ?!!』だったのは…ジャジャジャジャ?ン!!

(株)IBLAB荒井さんでした?♪♪

★★おめでとうございます★★

皆さんとても良い笑顔ですね。

だんだんアルコールも入って、みなさんおいしいお肉やお野菜や焼きそばを堪能してました。

bbq3-1.jpg bbq4-1psd.jpg

そしてなんと!!!!!参加者にとっても嬉しいプレゼントが……★☆★☆

bbq-mitutouhu.jpg

山下会長が(株)山下ミツ商店のお豆腐と厚揚げを差し入れてくれたのです♪

とってもおいしかったです!!

私達は幸せ者です♪

 

厚揚げもお豆腐もすぐに売り切れちゃいました。

山下会長、本当にありがとうございました。


今回バーベキューということで、実はこの↓↓☆素敵なお2人☆↓↓がお肉にお野菜など、とってもおいしい食材を汗だくになりながら、最初から最後までず?っと焼いてくれていたのです。

bbq5-1.jpg

本当に感謝感謝です。

村上さん・才田さんありがとうございます♪♪♪

お2人ともとってもかっこよかったですよ?★

(^O^)ノ


そして最後は全員で花火をしました。子供たちより大人たちの方がはしゃいでたかも!?(笑)

hanabi-2-1.jpg hanabi-1.jpg

皆さん楽しんで頂けた様でホッとしています。至らない所も多々あったかと思いますが、何とか無事に終わり胸をなでおろしました。

今回また親睦も深まったことと思います。これからも皆さんで一緒に学んでいきましょう。

ありがとうございました。

 

皆様のコメントお待ちしています。→★コメントはこちら★

bbq.jpg

8月例会は毎年恒例の家族親睦例会です。

商業界同友会の活動の一つに「同友相互の親睦」もあります。
販促業の勉強も結構ですが今月はご家族ご友人を交えて仕事を忘れて楽しいひと時を過ごしたいと思います。

飲んで喰って笑って!大いに盛り上がりましょう!

才田さんと池端めぐみさんが楽しい企画を立ててくれました。
さらに大森さんと大崎さんが加わり、この若い4人の同友が親睦例会実行委員としてお世話し盛り上げてくれるそうです。 楽しみですね。
皆さんのご参加、お待ちしています。

◆企画者からのコメント◆

子供が参加される場合は、年齢も教えてください。お願い致します。
ゲーム(景品付)や花火なども用意する予定です。
駐車場ですが、海水浴場の駐車料金が19:00頃までは 1台 500円かかりますのでお願いします。
同友の皆さんは大丈夫だと思いますが、お酒を飲んだ方は必ず代行で帰りましょう!


日時 平成20年8月22日(金)
19:00 スタート(終了解散予定21:00)
雨天時は海の家内で開催
場所 内灘海水浴場『ピースピース』
内灘町字千鳥台5-80地先
TEL 076-237-5225
会費 大人 2,000円
中学生以上1,000円
小学生以下 無料

(オブザーバー:同額)

◆スケジュール◆

18:00 準備と受付開始
19:00 スタート 会長挨拶
20:00 花火・ゲーム
21:00 おひらき

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:8月18日(月)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       

CIMG8846.jpg山下ミツ商店の山下浩希です。

全国連合同友会総会2日目。

五日市剛氏(左写真)の「ツキを呼ぶ魔法の言葉?縁と円を生かす?」という講演。


 

僕はたまたま金沢の十数人の集まりの場で話をしたことが、たまたまテープに録られ、いい話だと勝手にダビングされ、勝手にテープ起しをして文章になり、勝手に小冊子になって、どんどん印刷されて100万部を超えてしまったというだけの話。

イスラエルでおばあさんに聞いたツキを呼ぶ魔法の言葉を教えてもらった。
「ありがとうございます」「感謝します」
ただその言葉を使い分けること。嫌なことがあったとき、「ありがとうございます」。良いことがあったとき、「感謝します」。
 ツキを呼ぶ魔法の言葉のお陰で、宝くじで3億円当たったという手紙をもらったこともある。過去に3億円当たった人を5人知っている。当選の証書のコピーを送ってくれた人など5人手紙をくれた。
 走り幅跳びの選手の池田久美子さん。スランプの時コーチからこの本を貰って読んだ。スランプで良い成績が出せずにおり、最後のオリンピック予選で6m70を飛んで優勝しないとオリンピックに出られないという状況に追い込まれていた。そのとき「6m70cm飛べた。感謝します」とノートに書き続けた。そしてなんと6m70cmピッタリ飛んで優勝してオリンピックを決めた。書き続けたから実現したのか?・・・少し違うと思う。
 
 26歳の大学院生の時にイスラエルへ旅行した。詐欺にあったり、財布を落としたりしてお金があまり無い時に、一人のおばあさんに出会って2日間泊めてもらった。
 「人はしゃべったとおりの人生になるのよ。良い言葉を使いなさい。『むかつく』とか『ぶっ殺してやる』とかばかり言っていると、そういう人生になる」というような道徳的な話をしてくれた。
 その中で一番印象に残っているのがツキを呼ぶ魔法の言葉。「ありがとうThank you」「感謝しますI appreciate」。他人に言っても普通の感謝の言葉だが、自分に言えば魔法の言葉になる。嫌なことがあったとき、むかついた時に自分に「ありがとう」とすぐに言いなさい。すぐに!を強調していた。
 「感謝します。そういうと、またそういいたくなるような出来事が起こる」。「・・・・なりました。感謝します」と言い続けていると、その通りになります。思いを強く持って努力を継続すれば、実現する可能性は高くなることは間違いない。
 「すべて悪いことが起こる元凶は、怒ること。怒ってはダメ!悪いことを人に対してどうするのか?そういう時は自分にありがとうと言い、別の言葉で相手に優しくしてあげなさい。」
『ツキを呼ぶ魔法の言葉』はたったこれだけ。
たまたまそれを金沢の個人の家に呼ばれて話した。その十数人の中に3人ほどテープに録音している人が居た。それが何百本とダビングされて広がっていくうちに、一人のおじいさんがテープ起しをして、文章にして配った。「ツキを呼ぶ魔法の言葉」と題してコピーして配る。それがどんどん広がった。ネットにも勝手に掲載され、僕の名前は知らぬうちに日本中で有名人になっていた。
 それを読んだある企業の社長に呼ばれ金沢で講演することになった。行ってびっくり!
1500人もの大観衆で驚いてしまった。そして出版社が本を出せとよってたかってやってくる。物書きではないので断っていたが、対談でもインタビューでもなんでもいいというので、そんな本を出していたらどんどん売れる。どうしてこんなに受けるのか?僕の力ではない。この魔法の言葉がとてもシンプルで誰でもできることだからだ。
 ゴルファーの石川遼君の謙虚さはどこから来ているのか。あるスポーツ新聞によると、彼が中学生の時、信頼する先生が授業中に繰り返し冊子『ツキを呼ぶ魔法の言葉』を呼んで聞かせていた。「ありがとう」「感謝します」「ついてる!」と言ってるとそのとおりになると。
 原因不明の難病に苦しんだヴェージェット病にかかった柴田章吾君。たまたまお母さんが僕の冊子を読んで、苦しい時に痛いお腹をさすりながら「ありがとう」と二人で言い続けた。小学校で全国優勝して、中学は全国選抜に選ばれ、野球選手としてばら色の未来だった中学3年の時に発病。病気のせいでどこの高校も受け入れてくれないと思っていたら、野球では名門の愛工大名電に入学できた。
 1、2年は満足に練習もできなかった。この難病は頑張りすぎるとダメという病気。頑張ってはいけないと医師には言われる。控え投手だったが、2年の秋、春の甲子園のかかった大事な試合にマウンドを任された。結果は最後押し出しの四球を出し負けてしまった。一度は野球をやめることも考えたが、最後の夏に向けてダメ元で頑張って練習をした。これで野球ができなくなっても仕方が無い。でもいつも「甲子園に出て活躍することができました。感謝します」と言い続けながら頑張った。おかあさんも冊子をチーメイトや父兄に配って「ありがとう」でいこう!と頑張り、準決勝では0対6から奇跡的な逆転勝ちをし、甲子園出場を勝ち取った。この年のチームは甲子園に出られるような決して強いチームであったとはいえないのにもかかわらずだ。
いよいよ甲子園。1回戦で負けてしまったが、彼の投げた4回は無失点、打っては唯一の打点をあげた。本当に甲子園で活躍できた。
彼の帽子には「みんなのおかげ」と書いてある。
夏が終わってからお母さんに会って欲しいといわれ、柴田君に会った。「今後どうするの?」と聞いたら、大学でも野球をやりたいと言っていた。「大学に入れてもらえて感謝しています」と言い続けた。明治大学が受け入れてくれた。そして今年の春のリーグ戦、何度もマウンドに登場し活躍。圧倒的に強いと言われたハンカチ王子の居る早稲田に勝ち明治は優勝した。
 ここで大切なことは2年の秋に甲子園のかかる大切な試合で彼が負けていること。その試合で負けたからこそ、それほどの強いチームでなかった名電高がそれほど他の高校にマークされずに夏の大会で優勝できたのかもしれない。
 過去は残飯。過去の失敗を後悔していても始まらない。魔法の言葉を唱えていても旨くいかないことなんてある。でもそれが次につながる。彼は頑張りたくても頑張れない病気だった。一生懸命頑張れることは、それだけで素晴らしい。
 小冊子に書いてあるが、二つの箱をイスラエルのおばあさんに貰った。小さな黒い箱と、大きな白い箱。貰うのを遠慮したら、じゃあいくらでもいいから買ってくださいといわれた。なけなしの金のうち1万円ぐらいを払った。おばあさんは「やっぱりね。あなたはお金の使い方を知ってるわね」と言われた。お金の使い方については確かに思い当たるところがある。
 学生のとき中学生の問題児の家庭教師をした。彼女は有名校に合格し、現役で東北大学に入り小学校の教員になった。更生して有名校に入ったことが新聞に載り、匿名記事でも地元ではすぐに誰のことか分かり、60人も家庭教師の希望が集まった。そのうちの一番お金持ちの生徒の家を使わせてもらい塾をやった。60人が100人になり、生徒は全員成績が伸びた。一人の月謝が2万円でも100人いれば200万。年間2400万円になる。そのときの年収はなんと3000万になった。どうしてそんなにも儲かったのか?僕からは何も頼んでいない。
 どうやって全員の成績を伸ばしたのか?どうやってそんなにも大勢の子供を教えられたのか?僕は金を持っていた。そして何もやらなかった。じゃあ何をやったのか?
 「来週、地理の中部地方のテストをやるから勉強して来い」と言って、次の週にテスト。小テストを繰り返しやり続けるだけ。基本的にほとんど教えないので数が増えてもできる。分からないところを聞きに来た時だけ教える。
テストの順位はすべて発表する。1位は5万円相当。2位は2万円相当、3位は5000円相当の商品をあげた。個人ごとに事前に欲しいものを聞いておいて、本当に欲しいものを買ってあげた。成績ごとに5グループに分けたので、成績の同じぐらいの子ばかりのグループ分けをしたので、誰にでも1位になれるチャンスがある。
子供たちはみんな自分から必死に頑張った。本当に欲しいものがもらえるから。
 お金には意思がある。昔は日銀で古い紙幣を燃やしていた。お金は燃やすと、人を焼いたのと同じ臭いがする。これは何人もの人に同じ事を聞いた。
 陽子と中性子は意思と意思。それが感謝でつながっている。そう考えれば、お金に意思があると考えられる。もしお金に意思があれば、自分を大切に使ってくるご主人の元に戻りたいと思うだろう。 親と喧嘩して家を飛び出しても、帰る家がある。世の中には帰る家の無い人も居る。お金も同じ。良い家に帰りたい。

旧約聖書 申命記6章16節
「あなたが受けたもののうち、、10分の一を私にささげてみなさい。そのことにより、さらにどれほど大きな祝福をあなた方が受けるか、照明してあげよう。」
 わたしはたまたま学生の身分でたくさんのお金を持っていたので、そのお金を子供たちが喜ぶように使っただけ。成績をあげるために、勉強させるためにどうしたら子供たちが喜ぶかを考えた。
 お金を使うときも、使い方、演出方法が大切。たとえば10万円の予算で贈り物をするとする。一度に10万円分のプレゼントをするのもひとつ。しかしどんな素晴らしいプレゼントを貰っても、時間がたてば忘れてしまう。2万円ぐらいでも良いもの買える。それを5ヶ月続けて送ったら、一生忘れない。相手が感動するようなニクい演出が必要。

わたしは今こうやって講演に呼ばれることが多い。本業ではないので、貰った講演料は別扱いで自分の収入扱いにはしない。人のために使う。あるときは盲学校の関係者に講演だったので、そのお金で点字の「ツキを呼ぶ魔法の言葉」を作り配った。
 地震で大被害を被った新潟で講演した時は、その講演料で長岡の花火大会に花火を寄付した。地元の人を元気付けるために「一緒に花火を見ましょう」と。60万円ではあっという間に終わってしまった。次の時は150万円だったので、それも全部寄付をして、「家族で一緒に来ますので、一緒に見ましょう」。結構大きな花火になった。
 大牟田で講演した時は、危機に来てくれた人たちに何か地元のために使いたいとアンケートを取ったら、ほとんどが動物園が赤字になりそうなので何とかして欲しいと書いてあった。講演料100万円でつがいのちょっと変わった猿を買って寄付した。
 ウインストン・チャーチルの言葉
「人間は得ることで生計を立て、与えることで人生を築き上げる。」
 もちろん人に与える金額は大きいほうがいい。大きいほうが嬉しい。でも額だけでなく、渡し方で嬉しさが変わる。
鳩山由紀夫夫人。会った時に本の話が出た。すぐに家にある本を送ってあげた。お礼に高級なたらこを送ってきた。私がたらこが好きだと知っていたからだ。本当に嬉しかった。
最初に翌日礼状のはがきが届いた。次の日には、本を読んでその感想をびっしりと書いた封書が届いた。こういう気配りができる人は凄い魅力的だ。

魔法の言葉を言っていたからモノゴトが本当に実現したのか。
心理学教授が言っていた。あの魔法の言葉は、潜在意識に訴えかける力がある。しゃべると聴覚を通して潜在意識に語りかけることになる。もっといい方法は、毎日鏡を見て、自分に向かって魔法の言葉を語りかける。
魔法の言葉で何かができるのではない。本来の実力を発揮できただけ。魔法の言葉は本来の自分の力を発揮する一つの手段に過ぎない。だとしたら言った者勝ち。

知人の奥さん。2年前に肝臓癌になった。主人が居なくなったらどうしようと取り乱していた。もともと亭主関白で言葉が荒々しい人だったが、その主人がまったく話さなくなった。悪い言葉より良い言葉。でも悪い言葉より悪いのが無視。その奥さんは無知で癌が移ると思って、体を触ったり、洗濯物を一緒に洗うのもやめていた。謝りなさいと奥さんに言い、奥さんは何度も謝って許してもらった。もう1ヶ月も持たないと言われた主人が2年も生きて元気にしていた。
言葉より時として大切なものはスキンシップ。タイミングを得たスキンシップ。

CIMG8843.jpg 山下ミツ商店の山下浩希です。

総会の後に行われた東京町田の「でんかのヤマグチ」代表取締役山口勉氏の講演「売り上げより荒利で勝負」

私はそこらの電気屋の親父です。今まで43年やってきたことを発表させていただきます。
 昭和40年23歳の時、松下電器を辞めて商売を始めた。引き売りみたいなところからスタート。今まで大きな転機が2回あった。


 商売初めて十数年経ったとき「ナショナル・ショップ」としては大きい150坪の店を借りて作った。2、3年売上好調だったが、それから悪くなった。考えてみれば安いわけでもなく、何の特徴も無かった。客数も減ったので、何とか増やそうとイベントを始めた。ナショナルの強力で季節ごとのイベントはできるが、それでは年間で4、5回。毎週やりたかった。来店者にプレゼントする景品も、倉庫に溜まるようなものでなく、食べてなくなる食品や、喜んでもらえるようなモノにした。いまだに続いている11月の「男爵まつり」で北海道のジャガイモをプレゼント、6月「鰹まつり」など20数年続いている。DMも透明で中身が見えるビニール封筒も始めたのはうちが最初。最初は郵便今日が受け付けてくれなかった。うなぎの時は横に3倍に広がるDM作っておくったりしている。特別なことではないが、長い間続けているので、毎週何かやっている期待感・・・というのがお客様の評判となってきた。家電量販店から見たら150坪ごく小規模だが、町の電気屋としては150坪は大きい。値段が高い安いより、とにかくまず店に来てもらうことを考えている。
 
 12年前、一次商圏内に家電量販店が6店もできた。2度目の転機。ここからが本当の戦いだった。どうしようか・・・???創業して30年経っていたので、一回でも買ってくれた顧客の名簿が3万4000人分あった。それを半分以下に減らす。半分以下のお客様を徹底的にフォローする。今までつきに1回しか訪問できなかった家を3回する。売りのことばかり考えていたのを辞めて、荒利をどう稼ぐかを考える。普通の電気屋の荒利は25%。量販店は15%。売上は減るだろう。荒利を25%から35%にしよう。「高売り」なんて言葉は無いが、10年後を目標に高売りを目指すことにした。客数は減らす。世の中と逆のことをやる。社員の評価もそれまで売上だったのを荒利益にした。10年間で荒利25%を35%にするという計画を立てたので、毎年1%ずつ改善すればいいことにある。

御用聞き。お客さんの要望は何でも聞く。電球の交換から始まり、水道が壊れているのを直したり、部屋内の模様替えのたんすを動かすのを手伝ったり、留守をするからペットに餌をあげに言ったり、なんでもやる。お年寄がリモコンの使い方が分からないとお呼びがかかる。便利屋みたいな仕事もすることもあるが、お金をいただくのは本業の電気製品に関することだけ。現在は売上の6割は外商となっている。

しかしそうした中で信頼をしっかり作ってきた。そして荒利が37.8%も取れるようになった。昔は集金してもお金を貰えないとか、支払いが大変だとか、そんな資金繰りの大変なことばかりだったので、娘二人はさっさと出て行ってしまったが、今のような状況になれば、しっかり儲かるしあとを継ぐ気にもなるだろうと思う。量販店が出てきても関係ない。自分たち流の商いを深めるだけ。

お客のお役に立ちたい!
「両替お断り」なんて言わない。来店されたらお茶を出す。お店でもやれることは気軽にやる。無茶なこと以外はなるべくお客様の要望に応え、喜ばれていきたい。


年商12億円で荒利が37.8%。計算すると荒利高は5億2560万円となる。労働分配率が50%として賃金原資は2億6300万円あることになる。正社員44人、PA5人。平均年収500万円として正社員換算46人として2億3000万円。差し引くと、社長の年収は3,300万円は取れることになる。
家電業界の寡占化の勢いは凄い。メーカーに対して仕入れロットが大きく左右する時代でヤマダ電機が一気に売上を伸ばしている。アメリカでは大手2社に寡占されており、日本もその状況に近づくと思われます。そんな中で中小企業が家電の小売で御用聞き販売李という量販店とまったく反対のやり方で十分やれるビジネスモデルを示したといえる。

CIMG8842.jpg山下ミツ商店の山下浩希です。

神奈川県箱根町・湯本富士屋ホテルで商業界全国連合同友会総会が開かれ出席してきた。

石川県同友会からは梶谷忠司エルダー、梶谷晋弘チューター会会長、梶谷香月華の集い会長と私が出席。

13時、総会開始。先ず商売十訓斉唱

小松務全国連合同友会会長挨拶
新同友会発足の報告
損得勘定が全てなのか?と原油高等を例に問題提起

倉本初夫主幹挨拶
企業は株主の為にあるのか?
資本主義を考え直す時がきた
今の時代、商売も苦しいがお客様も苦しんでいる。
商売十訓をもう一度考えよう

議事
小松会長を議長に選出
第1号議案 平成19年度事業報告
第2号議案 平成19年度収支報告
第3号議案 監査報告
を、別紙資料を元に一括審議。承認
第4号議案 平成20年度事業計画案
第5号議案 平成20年度収支予算案
を、別紙資料を元に一括審議。承認

その他として栗原一博副会長から2月ゼミの反省報告

CIMG8837.JPG

(株)山下ミツ商店の山下浩希です。

遂に我が商業界石川県同友会のWEBサイトがリニューアルされブログもスタートします。(あと少し不完全な部分があり正式公開は数日後ですが、せっかちの僕は今日からエントリーさせて頂きます。)

このサイトを通して商業界同友会活動を発信していきます。

明日明後日は神奈川県箱根湯本の冨士屋ホテルで商業界全国連合同友会総会に出席してきます。

早速総会の様子をリアルタイムに報告します。お楽しみに!! 

金田晃

今月の例会は金田晃先生による『販促業研究会』第2弾です。
前回は5月例会で「わかりやすさの追求」というテーマで?自分自身の会社・お店をわかっているか??わかりやすくお客様に商品を訴求しているか?ということを学びました。
今回のテーマは「売り手のモクロミ・買い手のヨミ」さまざまな企画や仕掛けを通じてハートを 射止めようとする努力。はたして相手は それをどう 受け止め、リアクションするか。 両者のズレやギャップ、想定外の反応に ついて考えます。
皆さん、お誘い会わせ御出席下さい。
5月例会の後、同友の方々から御意見を頂きました。それを踏まえ理事会で『締まりのある例会にしよう』と協議しました。例会最初の商売十訓唱和は村上会員が倉本長治主幹の著書の朗読は私、山下が元気よく心を込めて行います。皆様、お仕事でお忙しいと存じますが、例会に遅れて出席される方が少なくありません。全員で時間通りに開始し、時間通りに終了する中身の濃い締まりのある例会にします。
夕食ですが、昨年は勉強の場であるはずの例会中に食事となる方も多く、講師の方に対しても失礼にあたるので今年は食事の用意はなしで行います。御理解御協力宜しく御願いします。


◆講師プロフィール◆
販売促進コンサルタント 金田晃氏(エスピーケイ研究所所長
あらゆる流通チャネルの販売促進を専門に幅広く活動。「論より具体策」をモットーに、実効性の高い販促ノウハウを提供し、セミナーや講演(年間120回以上)、月刊商業界への寄稿など著書やビデオ販売などの実績がある。販売促進の中でも、とくにパーソナル販促、手づくり販促に特化したコンサルティングやアドバイスで評価が高い。講演やセミナーでは、落語家とのつきあいで培ったユーモアと話術をいかし、「トク・タメ・タノシ」を実感させる話しぶりで全国にファンが多い。

日時 平成20年7月23日(水)
18:00 受付開始
18:30 開始
場所 金沢国際ホテル
金沢市大額町ル8番地 地図
TEL 076-296-0123
FAX 076-298-1139
http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費 受講料 無料
(オブザーバー:2,000円)

◆スケジュール◆

18:00 受付開始
18:30 会長挨拶・商売十訓唱和・事務局からの報告・輪読
19:00 販促業研究会
講師:金田 晃氏
20:45 質疑応答
21:00 終了

出欠の如何にかかわらず、必ずお返事をいただきますようにお願いいたします。
連絡期限:7月16日(水)  連絡先:事務局 山本寛修
FAX:03-6368-5442/E-MAIL:jimu@shogyokai-ishikawa.gr.jp

会員氏名:   出席します ・ 欠席します
オブザーバー出席者:       
結城義晴今年度の石川県同友会のテーマは『販売力強化』です。
商業界精神(正しい商いの心)をベースに販促業(はんそくわざ)を身に付けます。今月・7月・10月・11月と4回シリーズで金田晃先生の指導の下、販促業の研究をします。
同友の皆様は勿論、販売の最前線で頑張っておられます社員様の御出席も大歓迎します。皆様お誘いあわせ御出席ください!
              (←写真は金田氏主催の講習風景)
講師プロフィール
販売促進コンサルタント 金田晃氏(エスピーケイ研究所所長
あらゆる流通チャネルの販売促進を専門に幅広く活動。「論より具体策」をモットーに、実効性の高い販促ノウハウを提供し、セミナーや講演(年間120回以上)、月刊商業界への寄稿など著書やビデオ販売などの実績がある。販売促進の中でも、とくにパーソナル販促、手づくり販促に特化したコンサルティングやアドバイスで評価が高い。講演やセミナーでは、落語家とのつきあいで培ったユーモアと話術をいかし、「トク・タメ・タノシ」を実感させる話しぶりで全国にファンが多い。

日時
平成20年5月21日(水)
  18:00  受付開始
  18:30  開始
◆スケジュール
18:00 受付開始
18:30 会長挨拶・商売十訓唱和・事務局からの報告・輪読
19:00 販促業研究会 「解り易さの追求」
講師 金田 晃氏
20:45 質疑応答
21:00 終了
場所
金沢国際ホテル
  金沢市大額町ル8番地 地図
  TEL 076-296-0123
  FAX 076-298-1139

http://www.kanazawakokusaihotel.co.jp/
会費
受講料 無料(オブザーバー 2,000円)

6月例会のご案内石川県同友会6月例会は6月27日(金)に北陸3県合同例会として開催される福井県同友会主催のハートフルコンサート&セミナーに参加します。
第一部のコンサートでは障害を乗り越え活動している「光道園ミックバラーズ」、そして福井県越前町を拠点に活躍する和太鼓集団「OTAIKO座明神」の演奏が楽しめます。
第二部では先日の総会でも御講演いただいた緒方先生が「一隅を照らす生き方」として御講演されます。
北陸ゼミを控え頑張っておられる福井県同友会を是非とも応援しに行きましょう!
参加すれば必ず学びがありますよ!
北陸ゼミナール
入会案内
全国連合同友会
RSS
PAGETOP